タイ7日目★お昼休み~初アナライザー♪

タオ島では、エンリッチタンクの供給がちょっと難しいみたい。
何度か言ってみたけれど・・・ダイコンを見て、無くても大丈夫じゃないかな。と。
その代り、今までのどこよりもきっちり各人の窒素管理をして次のダイビングプランを練ってくれていましたが。

15020.jpg

既に21本のダイビングを終えた私。
予定では、この旅24本潜ることになるけれど。。流石にこの無茶なスケジュールにちょっと不安が。


2本目終了後、もう一度、今日のガイドの杉ちゃんに聞いてみたところ、何とか調達してもらえることになりました(w゚∀゚w)
なので、一旦帰港です。

さっそく用意されていたナイトロックスのタンク。
タケシさんが、入念にチェックしてくれています。

15015.jpg

おっ♪初アナライザー(w゚∀゚w)
ナイトロックスのタンクに記載されている酸素比率が本当に正しいのか、酸素濃度を調べる測定器です。
酸素濃度は、潜れる深さの限界を決める為、自分の目で確認して正確に把握しておかなければなりません。

15016.jpg

昨年末、このナイトロックスのスペシャリティーを取る為勉強した際は、この測定は必須と習ったけれど・・・
実際、させてくれるところは少ない様で、タンクのラベルを信用するしかなかった。というのがこれまでの現状。

でもコチラではきちんと、マニュアル通りに進めさせて頂けました(w゚∀゚w)  
タンクをゆっくり開けて中のエアーを測定します。

15018.jpg

酸素濃度30.2%、数値が安定するまで少し流し続けて・・30.8%で確定!
本当だ!32%と言っても、やっぱバラ付きがあるものなのねぇ(。・ω・。)

15017.jpg

続いてもう1本も計り、今日の2本は、『30.8%』と『31.9%』という結果。
この酸素分圧で、潜れる最大深度を計算して、タンクに書き込みます。
酸素分圧が、1.4気圧を超えてしまうと酸素中毒のリスクが上がってしまうので。

30.8% ⇒ (1.4ATA÷0.308-1)×10 = 最大深度35.4m
31.9% ⇒ (1.4ATA÷0.319-1)×10 = 最大深度33.8m

15019.jpg

本日の残りは、午後からの2本とナイトを合わせて3本。
そのうち、どの2本で使おうか。。。

あ♪ほぼ毎日通っていたのに、きちんと写真に納めていなかった、
『ブッダ・ロック』

15021.jpg

教科書での自分の解釈&ここのイントラさんの解釈だと最大深度に余裕がある前提で、アベレージが深めのdiveで使うべき!!となるのだけれど、和歌山や沖縄のイントラさんの解釈だと、飛行機に近いdiveで使うべき!と。
うーーん、実際のところどうなんだろう??

ブッダ様の正面姿(*´ω`*)

15022.jpg

そりゃ、全部のdiveをエンリッチ使えれば良いのだけどね(^_^;
普通のタンクとの差額が500B、つまり1800円も1本当たり高いのです(>_<)
日本より高いよね。

遅れてお昼ご飯♪ みんなは、私がエンリッチの準備で島に戻っている間に済ませていたようです。

15023.jpg

今日で最後だから、この船の気になっていたものを撮って帰ります。
LEOの瓶!タバコの灰がどんどん溜まっていきます(*_*)

15024.jpg


取り合えず、残りの3本中窒素が一番溜まるであろう次のdiveで、1本目のエンリッチ使ってみます(w゚∀゚w)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YOSAKOI衣裳屋   【雲蓮】

Author:YOSAKOI衣裳屋   【雲蓮】
オリジナルよさこい祭衣装作成をしています。

札幌白衣ホームページ


祭足袋・エアージョグ等も業界最安値で販売中!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
コチラも見てね♪
検索フォーム
QRコード
QR
過去日記*月別♪
今日のお天気♪

-天気予報コム- -FC2-