東京へ~国立西洋美術館

前泊して朝から出動開始♪

うわーーーーっ!!
すっごい人!人!人!黒い集団がゾロゾロ。。。
みんな下を向いて黙々と歩いているから、こっちが思わず笑っちゃうw

18052.jpg

駅で立ち止まり、この後の行き先を考えながら、ふと思う。。
この状態にびっくりするのは、田舎者だからなのかな?
それとも札幌駅も朝はこんな感じなのかしら?
自宅と職場が200mしか離れていないから、一般的な通勤ラッシュというものを見たことが無いことに今更ながら気が付きました。

18065.jpg

今回東京へは、オーシャンズ十二傑の受賞パーティ出席の為にやって来ました。
色々考えた末、時間まで、日本橋にあるというアイリスのボタン博物館へ行こうとしたのですが。。。休館中に付き断念(T_T)

じゃあ、美術館にしよう♪
ということで、上野にやってきました(*´ω`*)
動物園しか連想されなかったけれど、上野ってなんでもあるのね~(´ー`A;)
昔、大阪に帰る度に寄っていたのは記憶しているけれど、、、
上野動物園、ランランとカンカンを見に行った写真が実家にある♪


上野の駅内のカフェで、具体的に何処へ入ろうかと検索。
が、・・・すっごく寒い(>_<)
建物の中は、北海道より寒いとはよく聞くけれど。。。暖房入れてないのかな?

18053.jpg

そして、最初に訪れたのは、国立西洋美術館♪

18054.jpg

昨年7月に世界遺産に登録されたばかりのこの美術館。
“20世紀を代表する近代建築の巨匠”と言われるル・コルビュジエの、
日本で唯一の建築作品だそう。

手前のブロンズ像は、ロダンの
『カレーの市民』

18055.jpg

同じくロダンの
『地獄の門』

18056.jpg

他にも、ロダンの彫刻が沢山!
・・・素晴らしい((;゚Д゚))前庭彫刻だけでも見る価値充分なコレクションです。


では館内へ。
ただ今、企画展は開催しておらず、常設展のみを観覧することに(*'ー'*)

18057.jpg

館内撮影OK♪流石国際都市!!

18058.jpg

館内は人も少なく。。

18061.jpg

ゆっくり自分のペースで見ることが出来ました(*'ー'*)
常設展だものね。東京の人はいつでも見ることが出来るからだよね。

18059.jpg

『マリー=アンリエット・ベルトロ・ド・プレヌフ夫人の肖像』

18060.jpg

『自画像(マリー=ガブリエル・カペ)』

18066.jpg

『悲しみの聖母』

18067.jpg

この辺りまでは、よくある宗教画だったり18世紀のロココ美術だったり。
特に誰の作品が好きという訳でもないけれど、紗だったり金糸だったり真珠みたいな肌の書き方などなど、技術面でじっくり堪能(*'ー'*)

そしてその先。。え?
ルノワール??ちょっと目がキツイけど・・・
『アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)』
やっぱりそう凄ーいルノワールなんて持ってるんだ♪

18068.jpg

じゃあモネ?
『セーヌ河の朝』
これもそうでした。どちらも見たことの無い作品だったので、えー所蔵してるんだ~
と、単純に感動していたけれど・・・

18069.jpg

い?これも?!!!旭川だったかな~いつかのモネ展で見た作品。
母が、画集の色と比べまくって嘆き、本物の色を目に焼き付けていたので、そんな見方するのか~と、よく覚えています。
『陽を浴びるポプラ並木 』

18070.jpg

『睡蓮』
わーお睡蓮も持ってるのね
しかも睡蓮の中でも鮮やかめの作品(^ー^* )♪

18071.jpg

『舟遊び』
これも有名♪過去に見た時には、どこの美術館の所蔵の作品かまでは見ていないから、ほんとびっくり!

18072.jpg

その先の、陽の当たる明るいブースには、ロダンの彫刻が沢山!
後で調べたら90近くものロダンの彫刻や素描が収蔵されているようです。

18073.jpg

次の展示室には、またまたルノワール。
『ばら』
素敵欲しい(*'ω'*)

18074.jpg

『風景の中の三人』
ステキ過ぎる

18075.jpg

『帽子の女』
こんな素晴らしい作品群を、たったの430円で見れちゃうなんて、凄い美術館です。

18076.jpg

『働く人々』
ボナールの作品。色と奥行きが好き。
これは、あまり有名じゃないけれど、私が好きなのでパチリ

18077.jpg

『町役場』
そしてみーつけた
大好きなブラマンク。この絵はそうでもないけれど、この人が好きなのです。

18078.jpg

はぁ~(*'ω'*)
全然知らなかった。この素晴らしい収蔵の数々。
第2次世界大戦後、フランス政府により敵国資産として差し押さえられた、松方幸次郎氏のコレクション。
展示するための専用の美術館を設置することを条件に寄贈返還されたそう。

元々、松方氏のコレクションなんだから、返還だという日本側と、寄贈だと主張するフランス側。その為、寄贈返還という言葉になったらしいです


観覧を終えて外へ出て、再びロダンの作品を。
地獄の門に次いで有名と思われる、
『考える人』
そもそも、地獄の門自体、石膏原型からブロンズに移されたのは、松方氏の注文によってとのことだと知って驚愕((;゚Д゚))
私が無知なだけ?

18079.jpg

松方氏とロダンとは深い関わりがあったのね・・だからコレクションの中でもロダンの作品が多いわけです。


帰り際、考える人の前で同じポーズをしている人を盗撮しようとして・・・
振り返られたので、慌てて梅の撮影に切り替えて((;゚Д゚))

18080.jpg

こちらでは、もう梅が咲いているのね。
北海道で咲くのは、桜と同じ頃。

以前調べたことがあったな。「梅前線」と「桜前線」。
梅は時速0.3kmで、桜は時速1kmで北上し、北海道で追いつくそうです。
札幌まで来ると追い越されてしまうことも。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YOSAKOI衣裳屋   【雲蓮】

Author:YOSAKOI衣裳屋   【雲蓮】
オリジナルよさこい祭衣装作成をしています。

札幌白衣ホームページ


祭足袋・エアージョグ等も業界最安値で販売中!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
コチラも見てね♪
検索フォーム
QRコード
QR
過去日記*月別♪
今日のお天気♪

-天気予報コム- -FC2-